印刷範囲
全体プリント
本文プリント

WordPressとは?

WordPress (ワードプレス)とは?

世界中の技術者が共同開発しているオープンソースのホームページ更新ツール

WordPress (ワードプレス) は、もともと、ブログ構築を目的に開発されたソフトウェアです。以下の特長があります。

  1. 「オープンソース」という開発形態を採っていて、世界中の技術者がボランティアベースで随時開発に関わっている (その結果、絶えず機能が改善されている)。
  2. サイトの構成要素、たとえば各種機能やコンテンツなどは、データベースで維持管理されているので、効率的なサイト運営ができる。

「オープンソース」開発による恩恵を受けて、今では実に様々な機能拡張がなされているため、WordPress はブログ構築だけに留まらず、ビジネス用途の企業サイト構築にも十分対応できるようになっています。このため、WordPress がもともと備えている CMS (Content Management System : コンテンツを管理するシステム) としての利便性とも相まって、近年では WordPress を使って企業サイトを構築/運営するケースが増えています。

なぜ WordPress (ワードプレス) を使うのか?

弊社がWeb サイトを構築をご支援させていただく際、なぜ WordPress を使うのか、簡単にご説明します。

メンテナンスが楽だから

メンテナンスが楽だから

Web サイトは、HTML (Hyper Text Markup Language) という「専門のお作法 (記述ルール)」によって作られています。が、WordPress を使うことによって、その「専門のお作法」を知らなくても、Web サイトのコンテンツを追加したり編集したりすることができます。

「世界標準」だから

「世界標準」だから

WordPress は「オープンソース」という形態で、世界中の多くの技術者によって随時、開発が進められています。また、導入や運営が簡単にできることから、世界中の多くのブログやサイトで採用されています。このように「開発者」と「ユーザー」の数が膨大であることによって、機能強化やノウハウ共有がものすごい勢いで進んでいます。WordPress を使うことで、その恩恵を受けることができます。

検索エンジンに対応しやすいから

検索エンジンに対応しやすいから

Web サイトを運営するうえで、検索エンジン経由での集客 (サイトへの来訪者を増やすこと) は、とても重要な課題です。そのためのノウハウは色々あるのですが、WordPress の機能を活用することで、そういったノウハウに関する専門知識を持っていない方でも、Web サイトのコンテンツを追加したり編集するなかで、自ずと検索エンジンへの対応がしやすい仕組みになっています。

オープンソース=無料という宣伝文句が招く誤解

オープンソースで無料提供されているのはあくまでもブログ用。企業サイト向けに商用としてフル活用するためには専門家の構築ノウハウが必要

企業サイトでフル活用するためには専門家の構築ノウハウが必要

「ワードプレスは無料!」という宣伝文句で誤解が多い点はあくまでもライセンス費用が無料というだけで、自社のWebサイト構築に使えるようにサーバに設定するにはそれなりの専門技術が必要です。また、もともとはブログシステムとして開発されたツールであるため、企業サイトに導入するためには、構築経験を積んだ専門家が機能面・設計・デザインの各視点において最適化する必要があります。

また、ワードプレスには便利で機能的なプラグインが多数用意されていますが、ホスティングサーバの仕様環境に適合させて、プラグイン導入時の相互干渉がないよう導入運用経験が必要です。

そして、システムをのせるテンプレートデザイン/HTMLについては、W3C、JIS基準に鑑みGoogleからの評価を受けやすい品質を満たす必要があります。

弊社では、WordPress (ワードプレス)の恩恵を少しでも多くの企業様に活用いただけるよう、専門家として導入を支援しております。

「あやとり」の WordPress は会社ホームページ用の特別仕様!

あやとりのワードプレスは特別仕様

「あやとり」では、クライアント企業様のWeb サイトを構築する際、WordPress (ワードプレス) の基本機能をそのまま使うのではなく、機能強化やサイト運営の効率化/簡便化を図るための拡張 (プラグインの導入およびカスタマイズ) を施した、いわば特別仕様の WordPress を使用しています。


このサイトについて

このサイトは、「戦略的ウェブ構築集団 あやとり」が構築するクライアント企業様のWeb サイトの運営方法について、わかりやすくご説明することを目的としています。

→ このサイトについてへ

ページの先頭へ